埼玉の探偵ならマックス調査事務所にお任せください。浮気調査は埼玉県全域対応・効率性の高い調査プランをご提案し、低料金を目指します

結婚前の交際相手の身上調査について

結婚前の交際相手の身上調査について

トップマックス探偵ブログ<結婚前の交際相手の身上調査について

結婚調査・身上調査


「結婚する相手はこの人で本当に大丈夫?」ふとした瞬間、交際相手の言動や行動に違和感を抱くことは多いのではないかと思います。現在の交際相手と結婚をすることに不安がある場合には、一度冷静になり客観的な視点で見ることが大変重要となります。


当探偵事務所では、結婚前の交際相手の調査についても依頼や相談が多く寄せられています。連絡を頂く方は本人はもちろん、その親御さんであることも珍しくありません。お子様の幸せを願う気持ちから、親御さんも同席し交際相手を調査するために協力される方も少なくありません。


結婚はゴールではなく、これから新しい人生をパートナーと共に築き上げていくスタート地点です。二人で幸せな家庭を築けるよう、安心・信頼できる相手かどうを真剣に見極めるため、万が一のトラブルを未然に防ぐためにも、不安や心配事が少しでもあればすっきりさせたいと思うのは当然のことです。結婚相手に対し不安要素がある場合、事前に調べることは決して悪いことや後ろめたいことではありません。

交際相手の素行調査を探偵に依頼する理由とは

  • 子供が交際相手を連れてきたが、あまり良い印象ではなく性格や言動に問題があるように思えたので心配になった
  • 交際相手の友人に、浮気していると聞いたので真実を確かめたい
  • 浮気をしていることが事実なら、婚約を破棄したいので確かな証拠が欲しい
  • 異性との交流が多いので心配、どんな関係かを知りたい
  • 結婚歴や離婚歴等・子供の有無・養育費の支払い額を知りたい
  • 借金の有無・返済額を知りたい
  • 交際相手にお金を貸していると聞いたが騙されてはいないか
  • 交際相手に高額なものをプレゼントしているようだが大丈夫か
  • 交際相手の友人関係を知りたい
  • 結婚前に交際相手のご両親や家族の様子が知りたい

結婚後の金銭問題や浮気問題、相手方のご両親や親族との人間関係、価値観や金銭感覚のズレ等により夫婦間に溝ができるきっかけとなる場合が多くあります。


結婚は本人同士の問題ではありますが、少なからず事前に把握できていれば、気持ちを整理すること・覚悟を決めることや、対処の方法を話し合うことも十分でき、それによって問題の解決やわだかまりをなくすことも期待できます。


なかには、お互いの友人関係が問題を引き起こす場合もあります。結婚生活を送るうえで悪影響を及ぼすような友人関係や付き合いはないか、納得や理解ができない趣味や宗教関係の関りはないかなどの、交際相手の友人関係についての情報も大変重要です。


探偵事務所に調査を依頼することで、ご自身では入手できない情報をより多く集めることができます。時には気分を害するような情報を得る場合もありますが、この様な時は決して現実から目を背けようとせず、問題点や疑問点はできる限りクリアにすることです。


そして、調査結果によっては「幸せな結婚生活は望めない」と感じることもあるでしょう。そんな時は辛いですが、「結婚を取りやめる」という勇気ある決断も大切です。


今は辛くても、一定の時間が過ぎたときに最善の選択だったと気付くことは多いでしょう。お付き合いが長期間となり相手に「情」がわくこともありますが、曖昧な感情には流されずご自分の意思と気持ちの両方が納得のいく結婚をすることで、充実した結婚生活を手に入れることができます。


交際相手との信頼関係の深さや居心地の良さは結婚生活ではより重要となります。今の関係が楽しい訳でもなく幸福感さえ感じられないのであれば、延長線上で結婚したところで後悔する時期は思ったよりも早く訪れ、今後の人生を混乱させるでしょうし、「結婚」という言葉に舞い上がってしまうと冷静な判断は難しくなります。


そのような時は素行調査を通して気になる不安を解消すること、相手のマイナス面や問題点をどのように捉え判断し活かすかはとても重要となります。


調査を進めていくうちに交際相手の発言や行動が信頼に値するものなのか・どうかが判断できるようになると同時にご自身の気持ちに整理を付け、現実を見極めるためにも素行調査の役割は非常に大きいと言えます。


Writing by Kitagawa

コメント


認証コード2419

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional