浮気調査・信用調査・所在調査他各種調査取り扱い。埼玉の探偵「総合探偵社マックス調査事務所」

調査報告書のご案内「埼玉の探偵 マックス調査事務所」

トップ<報告書について

調査報告書について(浮気・素行)

「調査報告書」には、対象者が「いつ・どこで・だれと・何を」と言った行動過程を細かく記録し、一目でわかるように分単位で撮影した映像の写真と、その写真の状況説明を詳しく明記して作成致します。勿論、裁判証拠・資料としてご使用になることも可能です。調査完了後、最短で2日後に調査報告書の受け渡しが可能です。

調査報告書・DVD・USB

プリントアウトした調査報告書をファイリングしてお渡し致します。また、ご希望の場合は、撮影した動画や画像をDVDやUSBにコピーしてご用意致します。

調査報告書
 

ラブホテル出入りのサンプル映像

マックスでは不貞行為の証拠として、極めて重要なホテルの等の出入りの撮影については、必ず複数のビデオカメラや高感度カメラを使用して、対象者本人と浮気相手であることが明確に認識できる映像撮影を心掛けています。

ポイント

  • 報告書には1ページに付き2枚の写真と状況の解説を明記します。
  • 必ずどこのホテルにいたのか?が分かるようにホテルの外観とホテル名を撮影します。

浮気HPサンプル報告書-page01

ポイント

  • 2台のカメラを使用し、引きの映像ズーム(拡大)の映像の2パターンで撮影を行います。

浮気HPサンプル報告書-page02

浮気HPサンプル報告書-page03

浮気HPサンプル報告書-page04

浮気HPサンプル報告書-page05

浮気HPサンプル報告書-page06

ポイント

  • ラブホテルからの出でも同様に2台のビデオカメラで撮影して、対象者と浮気相手と認識できる映像撮影を心掛けています。また、複数枚の写真を使用して、より細かい報告書を作成します。

浮気HPサンプル報告書-page07

浮気HPサンプル報告書-page08

浮気HPサンプル報告書-page09

浮気HPサンプル報告書-page10

調査報告書の7つのポイント

  1. 全ての写真には撮影した日時を正確に明記。
  2. 対象者と浮気相手の接触が明確な映像を撮影し、調査報告書に使用。
  3. ホテル等への出入りは複数枚の写真を使用し、きめ細かい報告書を作成。
  4. 対象者と浮気相手の関係性や親密性の分かる写真を添付。
  5. 時系列で移動経路、立ち寄り先が分かる写真を添付して分かり易く解説。
  6. ホテル等の滞在時間を証明できる経過映像を1時間おきに撮影し、報告書に添付。
  7. 調査報告書の最終ページに調査結果の「所見」(結果・判断・意見)を文章で明記。

調査報告書の受け渡しについて

調査報告書受け渡し

調査報告書は、調査完了後、約2日~3日後に受け渡し可能です。(長期の調査の場合は、3日以上の日数が掛かる場合があります。)調査報告書の受け渡しは、基本的に直接会って、ご依頼者ご本人に手渡しとなります。

第三者への受け渡し、又は郵送・宅配等による受け渡しは原則行っておりません。万一、体調不良、病気など不慮の事態が発生した場合は、第三者の方とご依頼者の関係を証明できるもの(書面等)を提示して頂く場合があります。

また、調査費用に残金がある場合は、受け渡しと同時にお支払い頂きます。お急ぎの方は、当社相談員までご連絡下さい。

調査報告書の取り扱いについて

秘密

調査報告書の取り扱いについては、十分に注意を払って下さい。ご自宅に置いていた調査報告書を調査対象者(夫・妻)に見つかってしまったという事例もあります。

保管場所には細心の注意が必要です。場合によっては、ご両親に預けるなどして、確実な方法で保管下さい。

また、弁護士に依頼されている方は、弁護士に1部、ご依頼者様に1部の合計2部をご用意することも可能ですので、必要な場合は、担当者に申し出ください。

報告書サンプルをご覧頂けます!

参考までに面談・ご契約時に浮気調査素行調査の報告書サンプルをご覧頂いています。「探偵がどのような映像を撮影しているのか?」よくご覧ください。

当探偵事務所では、映像撮影を大変重視しています。特に浮気調査の場合では、対象者(夫・妻)及び浮気相手の顔がしっかり認識できる鮮明な写真でなければなりません。

マックスのベテラン探偵が撮影した、決定的な浮気の証拠となる映像をご提供致します。


浮気の証拠収集は埼玉の探偵「マックス調査事務所」にお任せください!


埼玉の探偵 マックス調査事務所

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional