埼玉の探偵ならマックス調査事務所にお任せください。浮気調査は埼玉県全域対応・効率性の高い調査プランをご提案し、低料金を目指します

妻の浮気  放置がハイリスクとなる理由

妻の浮気  放置がハイリスクとなる理由

妻の浮気

女性と男性の浮気では、行動を起こすまでに至る理由や浮気が持つ意味などに違いがみられ、またどちらが積極的かにより関係性や状況が大きく変化します。

女性の場合、外見的なものはそれほど重視せず、精神的な癒しや安心、信頼などの繋がりを求めるケースが多く、時間の経過と共に浮気相手にのめり込みやすい傾向にあるため、妻の浮気が発覚した際には、様子を見ながら早い段階で終結させるよう行動する必要があります。

精神面を重視する傾向にある女性の浮気は、心の中の様々な感情や気持ちが絡み合い複雑になっています。

解決方法は今までの過程、現在の状況などによって若干異なりますが、妻が「何に不満を感じ」「どのようなことを望んでいるか」を知る事で状況を変えていくことができます。

寂しさからの浮気

寂しさを紛らわすための浮気には「夫が優しくしてくれないので寂しい」「会話がなくて寂しい」「夫が忙しくて寂しい」「辛い状況の時に味方になってくれないので寂しい」などがあります。

このような寂しさに家庭や職場でのストレス、不安、不満、悩みが重なることで精神的に限界を感じるようになっていきます。そんな時に寄り添ってくれる浮気相手の存在は大きく、話を聞き共感してもらうことで気持ちが楽になります。

そのため、家庭内や職場などに不満があればあるほど身近に感じる浮気相手は必要不可欠な存在となっていきます。

新鮮さを求める

婚姻期間が長くなると夫の存在は当たり前となり、夫に対しての関心も薄くなっていきます。今までのライフスタイルに慣れることで新鮮さが失われ、夫の嫌な部分に目が付くようになり、それが繰り返されることで失望することも珍しくありません。

そのような環境に長期間置かれ続けることで我慢の限界を感じ、夫以外の男性との新しい関係を求めてしまいます。

不満を補う

夫に対する不満を浮気相手で補っている女性も少なくありません。夫にはない部分を浮気相手に求め、浮気相手が持っていない部分を夫に求め心を満たし絶妙なバランスを維持している妻も多く、このようなケースの場合には浮気が発覚し表向きの関係は終わったとしても、水面下では関係が継続していることが多いのが特徴のひとつです。

夫への復讐

以前夫に浮気をされ、その仕返しという理由から浮気に走る妻も珍しくありません。自分が受けた苦しみを夫にも同じように与えてやりたいという目的(復讐心)で行動します。

初めは不満を解消する為にとった行動ですが、浮気相手との過ごす時間が心地良く感じ、関係をもっと深めたいという気持ちが芽生えることも考えられます。

繰り返す傾向の浮気

快楽や刺激、スリル、背徳感、モテることで優越感に浸りたいという理由の場合、浮気相手に本気になる可能性は低い半面、浮気を繰り返す傾向が強いことを事前に理解しておく必要があります。

妻に浮気を止めさせるためには

浮気をした理由に関係なく、妻が自発的に浮気をやめることや、浮気相手と別れる確率は非常に低くなっています。

妻の浮気が発覚したからと言い問題を大きくするよりも、待っていれば「いつかは戻ってくるだろう」と楽観視することで離婚へのリスクはより高くなります。

また、妻の浮気を知りながら夫側が目を背けていることで黙認と解釈され、浮気が長期化し関係が深まるケースもあり注意が必要です。

探偵事務所からの報告書には「言い訳をさせない圧力」「本人に非を認めさせる」効果が期待できます。妻が浮気に対し罪悪感を抱いている早期の段階で証拠を掴みケジメをつけ、その後しっかりと話し合う機会を作ることは夫婦関係の修復をするうえで非常に重要なポイントとなります。


埼玉の探偵・マックス調査事務所

コメント


認証コード1808

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional