埼玉の探偵ならマックス調査事務所にお任せください。浮気調査は埼玉県全域対応・効率性の高い調査プランをご提案し、低料金を目指します

浮気・不倫をした夫を許すべきか....知っておくポイント

浮気・不倫をした夫を許すべきか....知っておくポイント

トップマックス探偵ブログ<浮気・不倫をした夫を許すべきか....知っておくポイント

浮気許すか


夫を許すべきなのか......どうしても許せない場合はどうしたらいいのか.....と考えても人それぞれ傷付き方やその深さ、夫に対する愛情の深さも異なるためなかなか答えが出せないものです。

浮気が発覚し感情は「辛い」「悲しい」から「許さない」と怒りに向かいます。浮気・不倫相手に夢中になっている夫を許すべきか、実際に許せるのかと考えれば考えるほど混乱します。しかし、今後の自分や子供達の人生にも大きく影響するため、浮気・不倫問題に関しては慎重に対応をしなければなりません。

浮気すること自体が許せない、信頼していたからこそ余計に許せない。また、一度の浮気でも自分以外の相手と性行為をしたことに対し「不潔」と感じ、生理的に受付けられなくなってしまった、という方も決して珍しくありません。

浮気をどうしても許すことができない場合には、別居・離婚・慰謝料さらには財産分与・親権についても視野に入れて考える必要があります。仮に、子供のためや経済的な理由などの事情で浮気を許し離婚をしない選択をしたのであれば、何らかの浮気再発防止の対策が必要になります。

もし貴方が夫の浮気を許し婚姻関係を継続したいと考えるのであれば、夫は「浮気相手との関係を完全に終わりにすることができるのか」または「夫は貴方と婚姻生活を継続したと思っているのか」についての本音を聞いたうえで慎重に判断することが大切です。

子供、妻、家庭を大切にできない、浮気が発覚しても行動を改めようと思わないような自己中なタイプであれば、浮気は繰り返され、近い将来、逆に浮気相手の配偶者から慰謝料請求をされる可能性も十分に考えられます。夫と浮気相手2人だけの問題ではなくなり、家族も巻き込み、家計にも大きな影響を及ぼしかねません。

浮気・不倫を許す許さないの婚姻関係継続のメリット・デメリット

このような問題に対し損得感情で浮気を許す許さないについて考えることについては賛否両論があると思いますが、ご自身の気持ちや考えをより整理しやすくするために簡潔にまとめてみました。

婚姻関係継続のメリット

  • 夫の死亡時の相続権の維持
  • 税制上の配偶者控除の維持
  • 夫の給料から支払われる保険料で各種社会保険の支給を受けることができる
  • 経済力の維持
  • 夫婦共同の資産の維持
  • 夫名義の資産が利用可能
  • 未成年の子育てにかかる経済的負担の回避

婚姻関係継続のデメリット

  • 感情面の不満や精神面の不安が残ったまま生活が継続することへのストレス
  • 浮気・不倫の再発の不安
  • 浮気・不倫を繰り返し、今後夫から離婚をしてほしいと迫られた場合、新たな人生を歩むには年齢的に厳しいと感じることも十分に考えられる
  • 信頼し合えない配偶者との共同生活で、幸せや満足感を感じることができるか不安
  • 未成年の子供の精神面への影響



ここからも分かるように、離婚を選択することで婚姻関係継続のメリットは失われるため、浮気や不倫が発覚しても離婚に踏み切れず我慢をするというケースが多くなっています。

離婚をすることのデメリットの多くは経済面に、離婚をしないでのデメリットはメンタル面に強く出る傾向があります。

浮気が発覚した時には、事実を証明できる証拠を揃えることをおすすめしています。

度重なる夫の浮気などの悪質性の高いケースには慰謝料増額し請求することも可能、離婚調停も高い確率で貴方が有利になります。話し合う・裁判を起こす・慰謝料請求に関しても、まずは事実を証明するための証拠を集め言い逃れを防ぎ、婚姻関係の修復を考えている場合にはこれらの証拠を関係改善のため役立てることが可能です。

浮気・不倫問題は一人で悩みを抱えてしまうことが多くなります。身近な家族や知人に相談することで問題が複雑化することも考えられる場合には、誰かに相談をしたいと考えていても実際にはなかなか難しいものです。

今後の対応に迷っているときは専門的な知識のある探偵の知識も参考にしてみてください。一回の相談で気付くことや見えてくるものもあります。

調査を依頼する場合、探偵社によって結果が出るまでの時間や費用なども大きく変わります。そのため、調査を依頼する前には良く検討する必要があります。

当探偵事務所は24時間メールや電話にて相談を受け付けています。何かご不明な点等がありましたら、ご遠慮なく当探偵事務所にお問合せください。浮気・不倫をした夫を許すべきか....知っておくポイント

夫を許すべきなのか......どうしても許せない場合はどうしたらいいのか.....と考えても人それぞれ傷付き方やその深さ、夫に対する愛情の深さも異なるためなかなか答えが出せないものです。

浮気が発覚し感情は「辛い」「悲しい」から「許さない」と怒りに向かいます。浮気・不倫相手に夢中になっている夫を許すべきか、実際に許せるのかと考えれば考えるほど

混乱します。しかし、今後の自分や子供達の人生にも大きく影響するため、浮気・不倫問題に関しては慎重に対応をしなければなりません。

浮気すること自体が許せない、信頼していたからこそ余計に許せない。また、一度の浮気でも自分以外の相手と性行為をしたことに対し「不潔」と感じ、生理的に受付けられなくなってしまった、という方も決して珍しくありません。

浮気をどうしても許すことができない場合には、別居・離婚・慰謝料さらには財産分与・親権についても視野に入れて考える必要があります。仮に、子供のためや経済的な理由などの事情で浮気を許し離婚をしない選択をしたのであれば、何らかの浮気再発防止の対策が必要になります。

もし貴方が夫の浮気を許し婚姻関係を継続したいと考えるのであれば、夫は「浮気相手との関係を完全に終わりにすることができるのか」または「夫は貴方と婚姻生活を継続したと思っているのか」についての本音を聞いたうえで慎重に判断することが大切です。

子供、妻、家庭を大切にできない、浮気が発覚しても行動を改めようと思わないような自己中なタイプであれば、浮気は繰り返され、近い将来、逆に浮気相手の配偶者から慰謝料請求をされる可能性も十分に考えられます。夫と浮気相手2人だけの問題ではなくなり、家族も巻き込み、家計にも大きな影響を及ぼしかねません。


Writing by Kitagawa


埼玉の探偵 マックス調査事務所

コメント


認証コード3467

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional