埼玉県の探偵ならマックス調査事務所。情報・証拠収集は経験と実績豊富なマックスにお任せ下さい!

突然の離婚宣言から、夫婦関係修復に至るまで!

突然の離婚宣言から、夫婦関係修復に至るまで!

離婚

相談内容

相談者: 夫 41歳 結婚9年
家族構成:妻 39歳 ・ 子供2人(男8歳・女5歳)

相談・依頼内容

私は現在、製薬会社で営業の仕事をしており、妻は1年半程前から食品会社で事務の仕事をしています。妻が仕事をすることに関してはあまり気が進みませんでしたが、仕事と育事、家事を両立できるようパートで仕事をするという話し合いで納得しました。妻が、子供のことや家のことをしっかりとやってくれていたので、私は安心して仕事に集中することができました。

私の仕事は忙しく、平日は帰宅時間が21時を過ぎることがほとんどで、家事や育児に協力することも、子供達や妻と会話をする時間もほとんどありません。週末は付き合いで飲みに行くこともありますが、早めに帰宅をするよう心掛けていました。

1週間前に妻が「なぜ私ばかりがいつも大変な思いをしなければならないの」と突然怒り出しました。私は妻に「仕事が終わったら家に帰ってきてゆっくりすればいい、大変なら仕事を辞めてもいい」と言いましたが、妻から返ってきた言葉は「やっぱり分かっていない。もう限界なので離婚してほしい」でした。

妻は、「子供達と自分達の将来のために貯金をしようと考え仕事を始めたけれど、パートのため長時間働けないのでその分、上手にやりくりすることを考え、節約をしながら今までやってきた。あなたは私がパートから帰ってくれば家でゆっくりできると思っているけれど、仕事が終わり買い物をして家に帰ってきても掃除や家事、子供の面倒(宿題を見たり、塾の送迎)などで、あなたが考えているようにゆっくりする時間なんて、とてもない」と。

妻の離婚理由は「あなたは仕事をしてよい給料を稼いでくれば家族は幸せだと思っている」「私や子供の体調が悪いときでもあなたは仕事の付き合いだからしょうがないと言って会社の飲み会に参加したり、休日でもイベントに同行したりしていた」「今まで子供の学校のことや将来のことで何度も相談をしたが、ほとんど聞いてくれなかった」「育児や家事は妻の仕事と割り切って考えている人だから協力しようともしてくれない。それも精神的にこたえた」ということでした。

翌日、昨日の言葉は感情的になって出た言葉かもしれないと思い妻に確認したところ、「妻が昨日言った言葉は全て本音で、今まで言いたくて言えなかったことを言った」ということです。その後も話し合いを続けていますが平行線のままです。私は妻との離婚は考えられません。

色々と考えているうちに、「もしかしたら妻は他に気になる男がいるのかもしれない」と思いました。毎朝、私は妻より早く自宅を出て、帰宅はかなり遅いので日中の妻の様子や変化もよく分かりません。妻は浮気をするような人間ではないと信じています。しかし、一度不安になってしまうと何をやっていても集中できません。「このような状態が続くのは仕事面や生活面においても好ましくない」と思い、思い切って妻が家を出る時間から帰宅するまでの間の行動を探偵事務所の方に調査していただこうと思いました。

調査結果

5日間の調査の結果、妻が浮気をしている様子はありませんでしたが、同じ職場で働いている特定の若い男性といつも仲良く話しておりスキンシップの取り方が少し気になります。しかし、その男性とは職場以外で会うことはなく、妻は子供が学校から帰宅する時間には自宅に戻っています。今は浮気をしている様子は見られませんが、この状態が続くことは好ましくありません。依頼者様からは「妻に浮気相手がいないと分かっただけで、とても安心しました。これを機に、今まで向き合ってこなかった分、意識して妻の不安や悩みに耳を傾けていこうと思います。そして、自分の言動を見直し、できるところから改善して妻との関係を修復していこうと考えています。妻が浮気をする前に気付くことができ助かりました。」という言葉をいただきました。

調査後の依頼者とその後の様子

「先月、妻が笑顔を見せてくれました。最近まではほとんど妻との会話はありませんでしたが、今では子供抜きの2人だけで会話をするようにもなりました。先週末、家族でレジャーパークに行きました。以前と比較すると子供の表情もだいぶ明るく元気になりました。担当者の、家族と過ごす時間の使い方や家族との向き合い方の話はとても参考になりました。家族で同じ時間を過ごすことの大切さや、会話をすることの楽しさ、家庭の温かさを改めて実感しています。」

小さな問題からしっかり向き合う

結婚をして安定してくると家庭を大切にするよりも仕事のスキルを高めることを目指す男性が多く、その結果、コミュニケーション不足や、すれ違いなどが積み重なり「浮気」「別居」「離婚」という大きな問題に発展していきやすくなります。普段は穏やかな性格の女性でも、一度離婚を決意してしまうと考えを変えないことも少なくありません。すでに決心した気持ちを変えるのは至難の業です。

夫婦間に問題が起こる前には必ず前兆があります。なぜ妻がイライラしているのか。状況を改善するためにはその理由を明らかにし、理解し解決することが先決ですが、さらに良い方法は、怒りの前の段階にある「不安」の状態の時に気付き対処することです。その兆候に気付き、少しでも不安を解消することができれば、浮気や離婚のリスクを大幅に下げることができます。安定した家庭を維持することは夫婦関係・親子関係・仕事・自身の心など全てにおいて良い影響をもたらします。

問題が大きくなればなるほど様々な問題が複雑に絡み合い、簡単には解決できない状態になりますので、どんな問題でも小さなうちに向き合い対処していくこと、その積み重ねがとても大切だと感じています。


Writing by Kitagawa


埼玉の探偵事務所「マックス調査事務所」

コメント


認証コード2968

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional