埼玉県の探偵ならマックス調査事務所。情報・証拠収集は経験と実績豊富なマックスにお任せ下さい!

冷静な判断ができない、感情で物事を言う妻!

冷静な判断ができない、感情で物事を言う妻!

妻の浮気


浮気中の妻が「気になる人ができた」「好きな人がいると」と夫に自白するケースは少なくありません。浮気を疑われるような言葉をなぜ自ら発したのか?そこには、妻と浮気相手の良好な関係があり、妻には浮気相手との新しい将来が見えているのかもしれません。


冷静に物事を考えられず感情的になってしまう、他人の意見に流されやすい、現実とかけ離れた理想を求めている、歯の浮くような甘い言葉やお世辞を真に受けやすい、浮気相手にコントロールされていることに気付かないなど、浮気相手にハマりやすい、騙されやすい人には共通する特徴があります。また、結婚後に異性関係でトラブルを起こす確率が高く、良好な夫婦関係、円満な家庭を築くことは難しいタイプといえます。


実際にあった妻の浮気調査事例です。些細な事から妻と口論になることが多くなっていた時、妻が「離婚したい」と言ってきた。理由は、「気持ちが冷めてしまったので、夫婦として一緒に生活するのは難しい」と。その後、口論はエスカレートしていき、その末に妻が言い放った言葉は「好きな男がいる」だった。


妻が浮気をしていたとは知らなかったMさん。妻はイライラしていることが多く、時々暴言を吐くこともあったようです。妻の様子がおかしいなと思う事もありましたが、まさか同じ勤務先の男(既婚者)に気持ちが向いているとは思ってもいなかったようです。


Mさんの娘さんは今年の4月に幼稚園に入園し、友達もできて、やっと園の生活にも慣れ、生活も安定してきたというのに、妻は離婚して今後どこで、どのように生活していこうと考えているのか?相手の男にも家庭があるようだがどうするつもりでいるのか?と聞いても、具体的な話は聞けないうえに感情的になっているため話にはならなかったようです。


連日離婚の話が続き、お互いの離婚に対する気持ちは平行線のまま、妻は子供を連れて実家に戻りました。妻の実家は自宅から車で40分くらいの距離にありますが、Mさんの仕事が休みの日には娘さんと一緒に生活しているようです。Mさんの家に泊まるときにはMさんが娘さんを妻の実家に迎えに行き、帰りは送り届けます。時々、娘と生活している中で急遽確認したい事などがあり、妻に連絡をしますが電話は繋がらず、折り返しの連絡もありません。


妻は、「娘の気持ちや私との関係を配慮してというよりも、浮気相手に会うためだけに娘を私のところに預けているのではないかと思うようになってきた」と言うMさん。身勝手な行動をとり続ける妻と、家庭を壊した男を許せないとうい気持ちが日に日に強くなっていること、離婚後、浮気相手の男が妻と本気で一緒になりたいと思っているのか確認をしたいという理由から、浮気の証拠と、浮気相手の身元、家庭の様子などを調べてほしいとMAX調査事務所に依頼がありました。


Mさんは妻が浮気相手と会う日にちが予測可能だったため、浮気調査を始めてからすぐに証拠を掴む事ができました。調査員は妻と浮気相手との外泊の様子を撮り、浮気相手の自宅、家族構成、家族の様子、会社での地位を確認。浮気相手の男性と配偶者との関係は良好で、子供の前ではとても子煩悩な父親でした。家族との関係や様子から見ても、配偶者との離婚を考えているようには見えませんでした。万が一浮気がバレ、Mさんの妻か、自分の家族のどちらをとるかという立場に立たされた時、浮気相手の男性は自分の家族を選ぶ確率が高いのではないかと思われます。


浮気にも大きく分けると二種類あり違いも明らかです。遊びの浮気とは、相手がいつ去っても平気ですし、相手から必要以上に好かれようとも思っていないので自分本位です。言い方が悪くなりますが、簡単に性欲が満たせる、安上がりで都合のいい女ということになります。


本気の浮気とは、気持ちが入ります。遊びの浮気相手と異なる点は、本気の相手には自分の近くにいて欲しい、自分にとっても必要な存在という事です。見た目よりも内面を重視する傾向にありますし、遊び相手とは異なり自分の妻よりも優遇されている点が数多く見受けられます。


浮気という行為や浮気相手にハマってしまうと周りが見えず、現実的な判断ができなくなるものです。それに気付くことなくMさんに対し強気に離婚を迫る妻。現在Mさんは、浮気相手に対し慰謝料請求の手続中です。もはや妻と浮気相手の関係は時間の問題です。浮気相手が去った後、妻はどうするのでしょうか?離婚か夫婦関係の修復か?その決断を下すのは妻ではありません。全てはMさんの気持ち次第です。


Writing by Kitagawa


妻の浮気・調査・埼玉・探偵

コメント


認証コード0895

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional