埼玉県の探偵ならマックス調査事務所。情報・証拠収集は経験と実績豊富なマックスにお任せ下さい!

妻の浮気の実態!

妻の浮気の実態!

妻の浮気実態


夫は、よほどのことがない限り妻の浮気を疑うことはないのではないかと思います。自分の妻に限って浮気をするなんてありえないと考え、信じている人がほとんどでしょう。

しかし、マックス調査事務所には夫側から「妻の浮気」についての相談が増加しており、その後「妻のプライベート時間を調査」したところ、夫以外の男性との不貞行為を確認、酷いケースでは複数の男性との関係や、夫も知っている身近な男性との関係が明らかになることもあります。

浮気が増えた一つの原因として、最近のドラマは浮気や不倫を助長するものが多くなっているということです。テレビを始めとするメディアの影響は大きく、浮気に関するドラマを繰り返し放送することで、「浮気に興味が沸く」、「不倫ってそんなに悪いことじゃないかもしれない」と考える人も出てくるというのは想定内です。浮気をするという事は悪いと分かっていながらパートナーを裏切る、そのような行動を起こした時点で夫婦としても人としても信頼に値しないのではないでしょうか。

妻が浮気をしてしまう原因とは

見た目や、職業、地位に惹かれる方も一部いますが、一番は自分のことを大切に考えてくれ、必要としてくれる男性に出会った時に本気になっていく傾向があります。男性との出会いが多い人や、職場に男性が多い環境だと浮気をする確率はより高まります。浮気相手と出会った場所は、ほとんどの方が職場や仕事の関係のようです。なかでも尊敬できる部分や共感できる部分が多い場合には、惹かれやすくなります。

専業主婦の浮気率も同様です。日中、夫や子供が仕事や学校に行っている間、趣味やサークル、美容関係などで知り合うという他に、子供の塾や学校関係で知り合う場合などが多いようです。

浮気がバレない主婦のスケジュール

浮気をしている主婦達はいかにバレる事のないよう、賢く浮気を続けているのでしょうか。浮気相手と会っている時に携帯に電話が掛かってきても出られない口実を作っています。また、浮気相手のためにわざわざ時間を作ったりはせず、自分のスケジュールの中の空いた時間で浮気をしているため、バレる確率が低くなります。

浮気相手ができても変化がない

通常、好きな人ができれば外見や精神面にも変化が起こるものです。しかし、浮気がバレない主婦にはこのような変化がほぼ見られません。服装や髪型、下着や趣味、気分など、浮気相手に影響されることはまずありません。日常生活上で変化があらわれない妻の浮気を見抜くことは、夫にとってはとても難しい事です。

証拠は残さない、初めから期間を設定している

浮気の証拠となる2人で写っている写真や、メールのやり取り、電話の履歴など、浮気を疑われる可能性のものは全て消去しています。万が一、浮気を疑われたとしても決してバレることのないように細心の注意を払いっています。1年以上関係を続けている人や、複数の異性と関係がある人もいますが、なかには必要以上に気持ちが入らないよう、浮気を終わらせる時期を最初から設定している人もいるようです。

まとめ

妻が浮気をしないよう、いくら夫が気を付け努力をしても、異性との出会いやきっかけは日常生活の中に溢れています。妻が浮気相手を求めていなくても、男性から寄ってくる場合もあります。その時にしっかりと断れることができる女性であればまず安心でしょう。浮気をする、しないはその人の人間性や考え方が大きく影響します。今、現在、妻が浮気をしていたとしても、即浮気相手との関係は終わらせ、二度と浮気をしないよう対処することは不可能ではありません。

しかし、浮気に慣れている女性はしたたかで、身だしなみ、言動等には十分な注意を払っているため、気付かない夫が少なくありません。初めは遊びのつもりだったが本気になるというケースもあります。突然、妻から「性格の不一致」が理由で離婚をしたいと言われた時には、落ち着いて妻の言動を観察してみてください。注意深く観察することによって多くの気付きが必ずあるはずです。

浮気調査には、「浮気していると確信していて証拠を収集する」ケースと、「浮気しているかどうか疑わしいのでハッキリさせたい」というケースがありますので、具体的な証拠がなくても言動が疑わしいと感じたり、不安を感じた時点で調査は十分可能です。一度、埼玉の探偵「マックス調査事務所」までご相談ください。


Writing by Kitagawa


妻の浮気の証拠・埼玉・探偵

コメント


認証コード9606

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional