埼玉県の探偵ならマックス調査事務所。情報・証拠収集は経験と実績豊富なマックスにお任せ下さい!

調査事例「夫の浮気相手は男性だった!」

調査事例「夫の浮気相手は男性だった!」

夫の浮気


川口市 K様 女性

結婚して7年目になります。夫は私より6歳年上です。だいぶ前から、私と夫の間ではほとんど性生活がありません。最近、仕事が忙しいようで帰宅が遅くなることが多くなりました。

多いときには、週に4回の残業があります。残業をしている事は事実ですが、2か月前から夫の行動に不信を抱くことが多くなり疑いを持つようになりました。

一週間のうちのどこかで浮気をしているのではないかと確信しています。子供もまだ小さく、経済的な問題もあるので離婚は考えておりません。浮気を黙認することは避けたいので、もし夫が浮気をしているようであれば、すぐに浮気相手の女性とは別れてもらおうと思っています。夫の浮気調査をお願いします。

調査結果

調査1日目は残業、2日目は定時で帰宅、3日目は残業、4日目は定時で職場を出てから駅ビルに寄り、買い物をして自宅に帰宅、依頼者様の言うように、旦那様はきちんと残業をしている事が分かりました。

調査を始めてから5日目は定時で職場を出て駅に向かい、いつもとは反対の電車に乗りました。職場から3つ離れた駅で降り、近くにあるダイニングバー○○に入って行きました。旦那様が向かったテーブルには女性の姿はなく、旦那様より少し若い男性が一人座っていました。1時間経過しても浮気相手らしき女性は現れません。

その間にお酒はすすみ、会話は途切れることはなく続きます。お店に入店してから1時間半が経過しようとした時には支払いを済ませ、2人は店を後にしました。その後、駅とは逆方向に向かって暫く歩きます。

この辺りは小さな繁華街で、少し先にはラブホテルが数件あります。二人はそのうちのひとつラブホテル○○に入って行きました。出てきたのはホテルに入ってから約2時間半が過ぎたところです。

ホテルの入りと出の映像は二人の顔はもちろん、表情もしっかりと写っています。その後、旦那様は真っ直ぐに自宅に帰宅しました。別の調査員が浮気相手を尾行し自宅に入って行く姿を確認。これをもって調査は終了しました。

依頼者様からのコメント

夫が浮気をしていた事、しかも男性だったという事が本当にショックでした。とても切り出しにくく、話しにくい内容でしたが、覚悟を決め夫と話し合うことにしました。「性的に興奮するのは女性より男性の方」だという事でした。

しかし、「私や子供の事も大切な存在だと思う気持ちに嘘はない」と言っていました。私が一番納得いかないのは、なぜ結婚前に言ってくれなかったのかという事です。夫に聞いたところ、「結婚をしたり、自分達の間に子供が生まれたら変われるかもしれないと思った。同性に興味があると言ったら結婚できないと思った。」とのことでした。

今回、驚くような結果になりましたが、調査をお願いして良かったと思っています。いつ浮気相手と会うのか、日にちが特定出来なかった為、調査費用は少し予算をオーバーしてしまいました。

それでも他の探偵社よりも良心的な金額で証拠を取ることができ、いろいろと相談にも乗っていただきました。今まで気付かなかった夫の性癖を知り、お互い本音で話し合うことで夫を少し理解することが出来ました。

もしあの時、浮気調査をしなかったら、今でも私はストレスを抱え一人で悩んでいたと思います。夫としては微妙なところがありますが、人生のパートナーとしての不満は全くありません。

夫との話し合いが泥沼にならなかったのは、浮気相手が女性でなかったからかもしれません。セックスレスの夫婦はたくさんいるので、そこの部分は割り切っていこうとも考えているところです。

マックス調査事務所からのコメント

結婚や性的な事に対しての考え方については人それぞれで、夫婦間で納得ができるようならばそれで良いと思います。日本はまだまだ同性愛者に対し、法的整備や受け入れ態勢、理解が進んでいない状況ですが、アメリカの一部の州やヨーロッパ、南米、アフリカ、アジアの一部の国、北米、オセアニアなどではすでに同性婚が認められています。調べていくと同性愛を理解し、受け入れ、認めている国がとても多いことに気付きました。

男性、女性という二種類の性しか認められていない社会では、両性を持つと意識している人や、自分の生まれ持った性とは違う性を持つと意識する人には、大変生きづらい社会です。

同じような悩みを持っている仲間との対話から、自分だけが悩んでいる訳ではない、一人ではないと知る事で自分の存在価値を肯定でき、心の安定を保つことができるのは同性愛者であっても、なくても全く変わりはないのではないかと思います。

今回の問題で、奥様が旦那様を理解しようとする気持ちがご本人に伝わり、今後の話し合いも比較的落ち着いて出来たようです。「以前よりも会話が増え、お互いに気持ちも楽になった」と、先日奥様から連絡がありました。

完璧な人間、完璧な夫婦なんていません。いろんな夫婦の形があるので、ご夫婦で話しながら「自分達の形」を作っていこう。と考えると、気持ちが少し楽になるのではないでしょうか。



Writing by Kitagawa


夫の浮気・証拠・探偵・埼玉

コメント


認証コード3035

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional