埼玉の探偵ならマックス調査事務所にお任せください。浮気調査は埼玉県全域対応・効率性の高い調査プランをご提案し、低料金を目指します

浮気の代償の大きさ

浮気の代償の大きさ

浮気の代償の大きさ


メディアが既婚者の浮気を助長するような記事や番組などを作って煽ったりしていますが、やはり不倫はやってはいけないことだと思います。


実際に一番傷付くのは浮気をした本人ではなく、浮気をされた側の家族です。夫や妻に浮気された立場の人は、一生そのことが忘れられず、テレビや週刊誌などで浮気を扱っているものを見たりするたびに思い出します。


メディアに踊らされず、決して周囲に流されないでください。浮気は犯罪ではありませんが人の道理から外れたことで、民法では不法行為に当たります。人を好きになる気持ちは止めることはできませんが・・・問題は、あなたがそのあとどうするかです。


芸能界でも不倫によって周囲の信用を失い仕事をなくしてしまいます。有名人が浮気報道された後の世間のバッシングの嵐や、本人たちの仕事への影響ぶりを目の当たりにすると、浮気に対する世間の目はかなり厳しいものだと感じます。


一般の職業でも会社の社内規定で、浮気が発覚した際には転勤になったり降格なったりすることもあります。場合によっては不倫相手のパートナーから慰謝料請求されます。また、浮気がきっかけで離婚、または別居になってしまう可能性もあります。


そうなれば養育費などの支払い義務が発生します。ある程度の年齢に達したお子様がいる場合、浮気がどういうことであるかくらい、お子様もわかるでしょうから、あとあとまで親子関係に影響を及ぼすことにもなります。


浮気や不倫に刺激やスリルを求める人もいます。男性であれば、それが「ステータスである」と履き違える人もいます。まったく間違った理解ですし、それを羨む人は いません。特に女性はそういう男性に対して嫌悪感を抱く人が多くいます。


人というものは誠実さ、不誠実さがちょっとした行動や仕草に現れるものです。それがやがて人からの自分への評価に繋がります。それが巡り巡って自分に対して「返ってくる」ということは、決して偶然ではないのです。自らが招くことなのです。


浮気の証拠が必要な際には、埼玉の探偵事務所 マックス調査事務所にご相談下さい。あなた様のお悩みを親身にお伺いし、適切な解決方法をご提案致します。お気軽にご相談ください。

コメント


認証コード5037

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional