埼玉の探偵ならマックス調査事務所にお任せください。浮気調査は埼玉県全域対応・効率性の高い調査プランをご提案し、低料金を目指します

浮気問題への現実的な向き合い方

トップ探偵アドバイス浮気問題への現実的な向き合い方

浮気・現実

浮気問題への現実的な向き合い方

夫(妻)の浮気を確信したが、切り出すことができず浮気相手との関係が終わるのを待っている。自分に非があるのかと思い自分自身を変えようと一生懸命に努力をしている。

居心地の良い家庭にしようと夫(妻)に気を遣い頑張ってきた。しかし、一向に浮気相手と別れる様子もなく今も関係は続いている。

自分なりに努力はしてきたが無駄なのか.....募る不安や不満、イライラが続きこれからどうすれば良いのかも分からない。浮

気が継続していても夫(妻)との離婚は考えられないと思う日もあれば、信頼できない夫(妻)との結婚生活は難しいと離婚を考えることもある....


このように、日によって気持ちが大きく揺れることは精神面に与える影響が大きく、そこに浮気相手に対する憤りや将来に対する不安などが重なることで、日々感じる精神面的苦痛は計り知れないものになります。

ひたすら我慢をしているから家庭が崩壊せずにいるものの浮気に夢中の夫(妻)には伝わらず、場合によっては浮気をしていることを知っているのに何も言わず黙っていることで浮気を黙認していると解釈されることもあります。

夫(妻)の根本に「自分が浮気をしていることがバレても、パートナーである貴方は自分に依存しているので何もできないだろう」と考える節があるならば、浮気問題の解決は簡単ではありません。

浮気相手の作戦に振り回されない

夫(妻)がようやく浮気を認め「浮気相手とは別れる」と約束し、反省の態度を示している。これからは家庭を大切にすると言っていた。

それを聞いた貴方は、夫(妻)のその言葉を素直に信じる、または信じようと努力するかもしれません。

しかし、浮気は相手がいて成り立つものです。仮に貴方の夫(妻)が浮気を終わらせようとしても、浮気相手がそれを拒む場合があります。

浮気相手が本気であれば貴方の夫(妻)に尽くし、様々な方法で心をつなぎ止めようとするでしょう。浮気が発覚した時に、貴方と夫(妻)の二人で時間をかけて話し合い理解をしてくれたが、その後の浮気相手の出方によっては愛おしさが増したり情がわき、結果的に貴方を裏切る形となってしまうことも珍しくありません。

浮気を継続させるための嘘に惑わされない

浮気が悪いということを認識することのできない夫(妻)の場合、簡単に異性と性的関係を持ち、それが妻(夫)にバレても気にしない傾向にあります。

口論になれば謝罪はしますが、上辺だけで心から反省することが少ないので同じようなトラブルを引き起こします。

その中には一定数、自分の行動を省みることができず、何が問題だったのかも理解できない方が存在します。その場合、貴方だけが何かを変えどれだけ努力しても残念ながら期待できる効果は少ないでしょう。

一方的に離婚を迫られることも十分に考えられます。ご自身を守るために浮夫(妻)気の証拠を揃えておくことで危機的状況での効果が期待できます。

どれだけ現実的な対処ができるか

中途半端な対処の結果や、パートナーが罪悪感を感じてない場合、浮気相手との関係が水面下で続くことや、一時的に距離を置き様子を見て落ち着いたころに再び関係が始まるケースは非常に多く、一度バレた経験からより慎重になり手口が巧妙になっていきます。

浮気相手との関係を完全に断ち切るためには、覚悟を決め綿密な計画を立てたうえで、踏み込んだ行動と直接的な制裁をどれだけ与えられるかが重要となります。

また、夫(妻)のためではなくご自分のために自分を磨き、お子様のために居心地の良い家庭を作りましょう。浮気夫(妻)のために貴方や大切なお子さんを犠牲にする必要は全くありません。


埼玉で19年の実績と信頼「総合探偵社マック調査事務所」

埼玉の探偵

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional